メインテートジェネリック5mg(Biselect)

本剤「メインテートジェネリック」は薬効成分「ビソプロロールフマル酸塩」を含有する「メインテート」のジェネリック医薬品です。
「メインテートジェネリック」は心臓の働きを活発にするホルモンであるカテコールアミンが心臓の特定部位であるβ受容体に結びつくのを遮断することにより、脈の乱れを整えたり、心臓の収縮をゆっくりさせて血圧を下げたり、心筋の酸素の需要を減らしの発作を予防したりします。

ご参考:通販ノワール

「メインテートジェネリック」は、1日1回の投与で24時間効果が持続し、肝臓・腎臓の2ルートでバランスよく代謝されるという特徴をもっています。
日本でも承認されている「メインテート錠」は、0.625mg、2.5mg、5mgとありますが、こちらの「メインテートジェネリック」は同薬効成分「ビソプロロールフマル酸塩」を5mg含有しています。

◆効果

●本態性高血圧症(軽症~中等症)
●狭心症
●心室性期外収縮
●次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者
虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
●頻脈性心房細動

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

◆用法

●本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、心室性期外収縮
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、5mg(1錠)を1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

●虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回0.625mg(0.125錠)経口投与から開始する。
1日1回0.625mg(0.125錠)の用量で2週間以上経口投与し、忍容性がある場合には、1日1回1.25mg(0.25錠)に増量する。
その後忍容性がある場合には、4週間以上の間隔で忍容性をみながら段階的に増量し、忍容性がない場合は減量する。
用量の増減は1回投与量を0.625、1.25、2.5、3.75又は5mgとして必ず段階的に行い、いずれの用量においても、1日1回経口投与とする。
通常、維持量として1日1回1.25~5mg(0.25~1錠)を経口投与する。
なお、年齢、症状により、開始用量は更に低用量に、増量幅は更に小さくしてもよい。
また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mg(1錠)を超えないこと。

●頻脈性心房細動
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回2.5mg(0.5錠)経口投与から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mg(1錠)に増量する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mg(1錠)を超えないこと。

◆注意事項

服用を中止すると症状が悪化することがあるので、勝手に服用を中止しないでください。
手術を行う予定がある方は、本剤を服用している旨を医師にご申告ください。
本剤の服用中(特に投与初期)は、車の運転等、危険を伴う機械の操作は行わないでください。
妊娠中または妊娠の可能性のある方は服用しないでください。

◆副作用

心不全の誘発・悪化(体がだるい、全身のむくみ、横になるより座っている時に呼吸が楽になる、息苦しい、息切れ、動くときの息切れ)
喘息症状の誘発・悪化(ヒューヒュー音がする、発作的な息切れ)
徐脈(めまい、意識の低下、考えがまとまらない、息切れ、脈がとぶ、脈が遅くなる、判断力の低下)
悪夢、涙液分泌減少

◆成分

Each Film Coated Tablet Contains: Bisoprolol Fumarate 5mg

ビソプロロールフマル酸塩 5mg/錠(フィルムコーティング錠)