トリキュラー錠21通販web窓ロ

トリキュラー12箱セット(1年分)|あんしん通販マート

トリキュラー錠21は避妊に用いられる低用量ピルです。女性ホルモンである卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬を配合し、主に排卵をおさえることで避妊効果をあらわします。まとめ買いがお得です。トリキュラー 通販web窓ロなら7,000円以上購入なら送料無料!!

トリキュラー21通販web窓ロ

トリキュラー21

トリキュラー 通販web窓ロのトリキュラー21は1日900シート売れています!ほぼ100%の高い避妊効果がある他、多重ニキビや多毛症、薄毛にも効きます。偽薬ナシの21錠入りタイプです。

女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持などに大きく関係している非常に重要なホルモンです。これらのホルモンの増加&減少によって生理周期のリズムが作られ、妊娠出産が成立します。

トリキュラー21は低用量ピルと呼ばれる少量のエストロゲンとプロゲステロンを含有している女性ホルモン製剤です。女性自身で生理や妊娠をコントロールし、パートナーに頼らず簡単に実行できる経口避妊薬です。高い避妊効果があり、正しく服用した場合の避妊率はほぼ100%です。

低用量ピルは3つの部位に作用して避妊効果を発揮します。1番目は卵胞を成熟させるホルモンの分泌が抑えられるため、 排卵が起こらなくなります。これは、低用量ピルを服用して女性ホルモンを体内に取り入れることで、脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識するためです。
2番目は、上記と同様の理由で子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくい状態にします。子宮内膜は受精卵のベッドになるため増殖して厚くなることで受精卵を着床しやすくする作用がありますが、子宮内膜が薄いと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。
3番目は、黄体ホルモンの作用によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぎます。

尚、服用を中止すると脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

人気No.1:トリキュラー21通販web窓ロ

トリキュラー21

トリキュラー 通販web窓ロ人気ランキング1位 : トリキュラー21は低用量ピル(経口避妊薬)でアンジュと同じ成分・配合です。 女性が自分で妊娠や出産をコントロールすることができる女性ホルモン製剤であり、低用量ピルを正しく服用できている場合の避妊率はほぼ100%です。

トリキュラー21は世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。

低用量ピルは女性が自分で妊娠や出産をコントロールすることができる女性ホルモン製剤であり、低用量ピルを正しく服用できている場合の避妊率はほぼ100%です。

女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠~出産、身体機能の維持などに関わる重要なホルモンです。 エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスの変化により、生理や妊娠出産が成立するのです。

低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含有されており、これらの女性ホルモンを少しだけ補充することでホルモンバランスを変化させて高い避妊効果を発揮します。 トリキュラー21にはプロゲステロン製剤のレボノルゲストレルとエストロゲン製剤のエチニルエストラジオールが含有されております。

トリキュラーED通販web窓ロ

トリキュラーEDは、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、2種類の女性ホルモンが配合されている経口避妊薬です。定期的に服用することで妊娠を防ぎます。

トリキュラー 通販web窓ロのトリキュラーEDは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルの2種類の女性ホルモンが含まれています。これらの女性ホルモンを定期的に服用することで、排卵に必要なホルモンの分泌量を減らします。排卵を起こらなくすると同時に、子宮頸管粘液の粘度を上昇させて、精子が子宮内へ入らないようにしたり、子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にすることで妊娠を防ぎます。

三相性の低用量経口避妊薬であるトリキュラーEDは、女性の生理的ホルモン動態に対応した薬です。

【徹底比較】トリキュラー 通販web窓ロ

トリキュラー錠21の効果

避妊
<効能・効果に関連する注意>
避妊効果は必ずしも100%とはいえません。飲み忘れを含めた一般的な使用における避妊失敗率は9%です。

トリキュラー錠21の使い方・用法・用量

1日1錠を毎日ほぼ一定の時刻に決められた順に(赤褐色の錠剤から開始)21日間服用し、次の7日間は服用しないで下さい(休薬)。このように28日間を1周期として、この周期をくり返します。

トリキュラー21の用法と用量

トリキュラー21は、1日1回1錠、シートの番号順に従い1錠目から21錠目まで21日間に渡って毎日服用します。

赤6錠→白5錠→黄色10錠の合計21錠です。


21日間の服用が終了したら、7日間の休薬期間を設けます。服用期間と休薬期間を合わせた28日間を生理周期における1周期とします。

休薬期間を終えた翌日からは新しい周期となります。必ず新しいシートの1錠目から服用して同様に継続的に服用してください。 通常、この休薬期間7日間の間に消退出血、すなわち生理があります。尚、出血がない場合もありますがさほど問題ありません。心配な方や何周期も全く出血がない方は医師に相談してください。

一定の血中濃度を保って効果を安定させるため、毎日同じ時間帯に服用するように心がけてください。食事や時間帯の影響は受けないため、何時に服用しても構いません。

飲み忘れた場合は、気付いた時にすぐ服用してください。服用予定の時間から24時間以内であれば問題ありません。1度に2回分を服用しても構いませんが、吐き気や頭痛などの副作用にいつもより注意する必要があります。ただし、1周期の中で2錠以上の複数飲み忘れがあった場合は避妊効果が減弱してしまっている可能性があり、妊娠した症例も報告されているので注意が必要です。

避妊以外の効果

トリキュラーなどの低用量ピルは排卵を抑制することで卵巣や子宮の負担が減り、ホルモンバランスが安定します。そのため避妊以外にも素晴らしい効果があります。

まず、低用量ピル服用中は生理が軽くなります。生理痛や出血が減り、生理期間も短くなる傾向があります。 そのため、低用量ピルは月経困難症(重い生理痛や出血量が多いなど)の治療にも多く用いられます。 生理周期が安定するため旅行などイベントの予定を立てやすいなどというメリットもあります。

また、低用量ピルはPMS(月経前症候群)の改善にも有効です。PMSは生理前のホルモンバランスの変化による心身の不調のことですが、毎月生理前になるとイライラ・体重増加・頭痛や下腹部痛などの症状に悩まされる女性は少なくありません。 低用量ピルによってホルモンバランスが安定するとPMSの症状が緩和されます。

その他、低用量ピルには子宮内膜症の予防改善、更年期障害の予防改善、難治性ニキビ(ホルモンバランスが原因の大人ニキビなど)の予防改善、卵巣がんや子宮体がんの予防(リスク低下)、卵管炎などの感染症予防といった治療効果もあります。

トリキュラーED
1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って28日間連続投与する。
以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す。