バルトレックス 通販ショッパー
Glaxosmithkline(グラクソスミスクライン)のバルトレックスは、 単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、水ぼうそうなどの原因となっているヘルペスウイルスの増殖を抑制する働きがある薬です。 バルトレックスの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いると、より効果的といわれています。 ヘルペスの治療薬としてはゾビラックス(アクシロビル)がありますが、バルトレックスはそのプロドラッグにあたる薬のため、第2世代抗ウイルス薬といわれています。 効果 単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制 用法 【成人】 単純疱疹: 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制: 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 帯状疱疹: 通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。 水痘: 通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。 性器ヘルペスの再発抑制: 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日1回経口投与する。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。 注意事項 飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。 ※2回分を一度に服用しないこと。 本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。 子供の手の届かないところに保管してください。 室温で保管してください。 本剤は主薬の苦みを防ぐため、コーティングを施しているので、錠剤をつぶすことなく服用してください。 性器ヘルペスの再発抑制に対する本剤の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められています。ただし、本剤投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されます。 以下の方は本剤を使用しないでください。 本剤の成分あるいはアシクロビルに対し過敏症の既往歴のある方 関連タグ:バルトレックス 通販ショッパーバルトレックス 通販 おすすめバルトレックス 通販 早いバルトレックス オオサカバルトレックス ジェネリック 通販バラシクロビル錠500mg 通販バルトレックス ジェネリックバラシクロビル 通販バルシビル 通販ファムビル 通販 バルトレックス 通販ショッパー コラム バルトレックス(Valtrex)1000mg 私は以前より低音障害型感音性難聴で、繰り返し起きる発作に悩まされていました。唯一保険で治療適用になるステロイドの点滴されても効きもしないし、逆に副作用に悩まされました。 そんなおり、めまい外来というところに行ってみたら、ヘルペスウイルス(水ぼうそうのウイルス)を持っていると、この病気になることがある説がある、とのことで投薬治療を受けた結果、治りにくかった発作が3日ほどで落ち着き、2週間ほどで治まりました。初めてでした。 ただ、日本ではヘルペスウイルスがこの病気の原因の一つである、ということが認められておらず、保険がきかないから1週間で4万5千円ほどの薬代がかかります。 続けられる金額ではありません。発作は長ければ、1か月も続くことがあるからです。早く炎症を抑えないと、耳の音を感じる細胞が本当に死んでしまって、どんどん、聴力を失っていきます。 それは避けたいです。 こちらではバルトレックスが日本よりはお安く手に入るので、本当に助かります。 バルトレックス(Valtrex)1000mg オメプラゾールジェネリック(Omeprazole)20mgとこのバルトレックスは私にとって超リピーターにならざる得ない効き目で、常にストックを数か月分残して、再度購入してしまいます。 ヘルペスには20年以上苦しみ続けました。これが原因で別れたこともあります。病院では一ヶ月に五日分しか処方してもらえません(口唇のヘルペスの場合には)性器が年間通じてかなりの数発症していると証明出来た場合には、その量を超えて処方出来るようですが、私の住んでいる田舎では性病の病院が無いのです(市民病院の泌尿器科のみ) 症状別バルトレックス処方量 口唇ヘルペス(単純疱疹):5日分 性器ヘルペス(初発型):10日分 性器ヘルペス(再発型):制限無し さらに5日の処方だけでも薬価の高いバルトレックス。毎日のように服用を受ける為には、性器ヘルペスでそれだけ頻繁に発症していることの証明や、通院の証明、診療代、薬代、通院費用等、1年を考えたら一体何倍必要なんだろうかと思うレベルです。 それに比べてオオサカ堂さんで購入出来るバルトバルトレックスは四箱で8,922円です。約9000円として4で割ると2250円。一ヶ月約30錠と考えれば、ひと箱21錠なので四ヶ月で約6箱必要として2250×6=1万3500円 それを四ヶ月として考えると13500÷4=3375円 で、さらに今まで病院では500mgを処方されていましたが、オオサカ堂さんでは1000mgを購入出来ます。それを半錠で割って飲んで効くということは、3375÷2=1688円、つまり約1700円で一ヶ月をしのげるということです。すると1錠の薬価として考えると約60円弱。年間では20400円。週末は薬を抜いたりしていますので年間2万円ぐらいしかかかってないということなんです。保険適用後の額でも薬代だけでも1錠60円で処方して貰えるでしょうか?さらに診察代、交通費、一番安いジェネリックを処方してもらったとしても、1錠60円の額には勝てません。唯一何か病院処方で安心があるとしたら副作用の保証ぐらいでしょうかね。 毎日の処方を受ける為には泌尿器科性病科に行き、辛く恥ずかしい思いもしなくてはいけません。通常の皮膚科では口唇ヘルペスの場合、一ヶ月に5日分が限度と言われたのです。特別な事情と判断された場合は別ですが、恐らく性器ヘルペスで毎月のように発症しない限り処方するのが難しいと言われました。 代行輸入で薬を飲み続けることが不安なら、1~2か月に1回通院して、血液検査で内臓の数値等を調べればいいだけなんです。それで腎臓や肝臓の調子も分かりますしね。病院で血液検査を数か月に一度受けるとしても、ジェネリックよりもバルトレックスの本物を1000mgを半錠にして毎日飲み続けた方がはるかに安くトータルコストで間違いないと思います。