アカルボース 通販ワールド
Bayer(バイエル)社のグルコバイは糖尿病治療薬です。日本国内で承認されているグルコバイ錠と同一有効成分・アカルボースを含有しています。 グルコバイは、糖質の消化・吸収を遅くすることにより食後の急激な血糖の上昇を抑える薬です。 グルコバイの有効成分であるアカルボースは、小腸粘膜に存在する糖質(でんぷん、麦芽糖、砂糖など)を分解する消化酵素であるα-グルコシダーゼの働きを抑えることで、糖質の消化・吸収を遅らせ食後の急激な血糖の上昇を抑制します。また、アカルボースには、αグルコシダーゼ阻害作用に加え、膵液および唾液のα-アミラーゼという酵素の活性を抑える作用もあります。 アカルボースは、食後の過血糖を改善することにより、HbA1cも改善する薬剤です。 効果 糖尿病の食後過血糖の改善(ただし、食事療法・運動療法によっても十分な血糖コントロールが得られない場合、又は食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な血糖コントロールが得られない場合に限る) 用法 グルコバイ(Glucobay)100mg アカルボースとして、成人では通常1回100mg(1錠)を1日3回、食直前に経口投与する。ただし、1回50mg(0.5錠)より投与を開始し、忍容性を確認したうえ1回100mg(1錠)へ増量することもできる。 なお、年齢、症状に応じ適宜増減する。 注意事項 食直前に飲み忘れたときには食事中に服用してください。ただし、食後または空腹時には服用しないでください。 肝臓、腎臓、甲状腺疾患などがある場合は、事前に医師へご相談ください。 本剤の服用中も必ず食事療法、運動療法による治療を守ってください。 本剤は食事の直前に服用してください。本剤がきちんと働くためには食物と薬が一緒に消化管の中にあることが必要です。食事と薬を服用する時間が大きくずれると効果は少なくなります。 ほかの糖尿病治療薬と一緒に服用する場合、低血糖症状を起こすことがあります。 低血糖症状が起こった際は、必ずブドウ糖(10~15g)を摂るようにしてください。 血糖値を定期的に検査してください。 全身がだるい、皮膚や白目が黄色くなる、嘔吐や強い吐き気があるなどの症状が現れた場合は、速やかに医師の診察をお受けください。 放屁の増加やお腹が張ったりすることがありますが、一般には時間の経過とともに症状が消えることが多いです。ただし、症状がひどくなる場合には、医師へその旨をご相談ください。 本剤の服用中にL-アラビノース、グアバ茶ポリフェノール、トウチエキスは、なるべく摂らないようにしてください。 副作用 消化器症状(腹が張る、ガスがたまっておならが出る、おならが増える、下痢、便秘、腹痛) 肝機能異常(吐き気、嘔吐、皮膚が黄色くなる、白目が黄色くなる、尿が黄色い、かゆみ、身体がだるい、食欲不振) 成分 グルコバイ(Glucobay)50mg Acarbose 50mg アカルボース 50mg グルコバイ(Glucobay)100mg Acarbose 100mg アカルボース 100mg 関連タグ:アカルボース 通販ワールドアカルボース ダイエット ブログアカルボース 効果アカルボース 処方アカルボース錠100mgグルコバイ 通販 アカルボース 通販ワールド グルコバイ(Glucobay)100mg (アカルボース 100mg) 甘いもの、炭水化物が大好きで お肉などのタンパク質はあまり好きではなく偏った食事になってしまっている為 友人に糖尿になるよ!と言われてしまった為 食事前の予防策として購入しました。 1週間以内で届き、早速飲みました。 やはり皆さんのおっしゃる通り 服用当日は とんでもなくお腹が張り、腹痛がするほどに感じました。 3日ほどで多少和らいできましたが、やはり下腹部の張りは今でも感じられます。 最初の数日は、私は便秘気味になりましたが 日にちを重ねるとたくさんの便が出るようになります。 オナラもかなりありますが匂いはあまりありません。 血糖値の急激な上昇を抑える為なのか、お腹がいつも張っているからなのか 確かになかなかお腹が減りません。 仕事中にお腹減ったなぁという事が少なくなりました。 出先などで水がない時は カリカリっと水無しで噛み砕いて食前に食べ飲みします。 少し甘みがあり本当にビオフェルミンのような味です。 肝心の体重の変化については 確実に三食前に飲むと 生理前の過食時であっても 排便後には まったく増えていませんでした。 普通に食事をすると、排便後には多少減少する日もあるので ダイエットとしては のんびりと飲み続けてみようかな?とも思っています。 特に低血糖などの症状は現れませんでしたが、 朝食も取らず 朝から飲むのは 脳にも栄養届かず仕事中でもきっとぼーっとしてしまうと思われますので 朝食抜きの服用はオススメしません。 グルコバイ(Glucobay)100mg(アカルボース 100mg) ダイエット目的に購入する方が多い中、私は2型糖尿病の診断がついているため、食後高血糖対策に購入しました。 今日届き、さっそく回転すしで効果を検証しました。 20貫約400グラムの白米を食して、1時間後血糖値153、2時間後血糖値128でした。 白米150グラムで230オーバーの私としては、驚異の数値です。 すばらしい効果を実感しました。 グルコバイ(Glucobay)100mg(アカルボース 100mg) 糖質の吸収を阻害する薬と言っても、急激な吸収を抑制するだけで、大部分は吸収されるので「コレを飲んだら糖質制限ダイエットと同じ」にはなりません。 しかし、糖質制限ダイエットにはなりませんが低インシュリンダイエットには成り得ます。 この薬のポイントは、食後高血糖いわゆるグルコーススパイクを抑えることができます。 食後高血糖は、膵臓にインスリン分泌を促し、血糖は下げる代わりに脂肪へと変換されます。 この薬で食後高血糖を抑えることができれば、インスリン分泌抑制に繋がり、結果として血糖は身体のエネルギーとして消費されます。 副作用としておならが出ることを嫌がる人も多いですが、物は考えようではないでしょうか。 おならは吸収されずに腸へ到達した糖質を、腸内細菌が分解することによって生じます。 つまり、「効いている証拠」なんです。そう考えると、おならも愛しく感じられませんか? そうは言っても実生活でおならがプップクプーと出るのは困り物です。私の評価が4なのもやっぱりコレが理由です。 1週間程度飲み続けると腸内細菌も慣れてくるのか少しおならも緩和してくるので、長期休暇時に飲み始めるといいかもしれませんね。