カロナール 市販薬 コロナワクチン

パナドール(カロナールジェネリック)500mg

パナドール(カロナールジェネリック)500mg

クロシンアドバンス(カロナールジェネリック)500mg

パラシップ(カロナールジェネリック)500mg

アセトアミノフェン(カロナールジェネリック)

カロナールの詳細

パナドール(カロナールジェネリック)500mg
タイレノール、カロナールと同様な有効成分を配合しており、最近、新型コロナ患者でも安全に飲めると話題になっている解熱鎮痛剤です。頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症などに!
クロシンアドバンス(カロナールジェネリック)500mg
アセトアミノフェンがつらい発熱・痛みにすぐ効く速攻型の解熱鎮痛剤です。「コロナウイルスのワクチン接種」の副作用を緩和する解熱剤としても使用されている”カロナール”と同じ有効成分が配合されています。
パラシップ(カロナールジェネリック)500mg
新型コロナウイルス感染症やワクチン接種による発熱を緩和する目的で注目をあびた解熱鎮痛薬“カロナール”の後発薬です。熱が高くてつらいときや痛みがあるときに服用します。

パナドール(カロナールジェネリック)500mgとは

パナドール(カロナールジェネリック)500mg は、市販薬ではタイレノール、処方薬ではカロナールなどといわれるお薬と同じ成分を含有している解熱鎮痛剤です。

世界的に有名な製薬企業であるGSK(グラクソ・スミスクライン)によって製造・販売されています。

頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症などの治療に使用されます。

有効成分として日本ではアセトアミノフェン、海外ではパラセタモールといわれる成分を配合しています。

アセトアミノフェンは古くから解熱剤として使用されており、安全性が非常に高く、妊娠中や授乳中、まだ薬に対して耐性が十分にない小児の方でも安全に熱を下げることができるとして、病院で多くの方に処方されています。

最近ではその安全性から、未知の病気である新型コロナウイルス感染症のときに安全に使用することができる解熱剤であると発表され、多くの方が薬局・ドラッグストアでアセトアミノフェン配合の市販薬タイレノールを求めており販売額は5割増し、一部の地域では品薄と報道がされています。