パロキセチン 通販エージェント

パロキセチン20mg(パキシルジェネリック)

パキシルジェネリック(パロキセチン)20mg

ペクセップ12.5mg(パキシルジェネリック)

ペクセップ12.5mg(パキシルジェネリック)

ペクセップ30mg(パキシルジェネリック)

パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg (50錠)

パロキセチンの詳細

パロキセチン20mg(パキシルジェネリック)
有効成分パロキセチン塩酸塩が含まれた抗うつ薬です。高い抗不安効果を有する薬であり、うつ病以外にもパニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害など様々な疾患に対して適応を持っています。パロキセチンとは、有効成分パロキセチン塩酸塩が含まれた抗うつ薬です。高い抗不安効果を有する薬であり、うつ病以外にもパニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)など様々な疾患に対して適応を持っています。 日本国内では先発品、後発品ともに承認を受けており、臨床現場における実績がある薬です。 パロキセチンは、抗うつ薬の中でもSSRIと言うグループに属しています。SSRIとは、中枢内においてセロトニンの神経細胞内への再取り込みを阻害し、その濃度を高めることで抗うつ効果を示す薬の総称です。 セロトニンは、幸福感や安心感に深く関わっている神経伝達物質で、この濃度が低下すると不安感が高まったり、気分が落ち込みやすくなるとされています。 事実、うつ病患者の脳内ではセロトニン濃度が低下していると言う報告が多数なされており、うつ発症にはセロトニンの不足が大きな影響を及ぼしていると言う見方が一般的になっています。そのため、抗うつ薬にはセロトニンを増やすものが多数存在し、パロキセチンもその1つです。 その他の抗うつ薬とパロキセチンの違いは、大きく分けて2つあります。 1つ目は、その選択性です。従来の抗うつ薬は、セロトニンなどのうつ病に関連した物質以外にも影響及ぼしてしまうため、口渇や便秘、低血圧など様々な副作用が出てしまうことがネックとなっていました。 パロキセチンはセロトニンに対して選択的に作用するため、副作用は従来のものよりも少なくなっています。 2つ目の違いは、抗不安効果の高さです。パロキセチンを含めたSSRIはセロトニンを増加させる作用がその他の薬よりも強いため、より高い抗不安効果が期待できます。それゆえに、様々な不安障害に対して適用が認められています。
ペクセップ12.5mg(パキシルジェネリック)
抗うつ作用や抗不安作用を有し、こころや体の症状を改善させるはたらきのあるお薬です。うつ病・うつ状態やパニック障害のほか、強迫性障害や社会不安障害、外傷後ストレス障害などのさまざまな疾患に対して使用されます。
ペクセップ30mg(パキシルジェネリック)
抗うつ剤パキシルのジェネリック医薬品です。憂うつな気分を和らげ、意欲を高めるお薬です。また月経前症候群PMSや摂食障害にも用いられることがあります。有効成分パロキセチンなどのSSRIは、うつ病やパニック障害の第一選択薬として使われています。