デメランクリーム 通販 薬局

デメランクリーム(アルブチン)

デメランクリーム

デメランクリームの詳細

デメランクリーム(アルブチン)
3つの美容・美白成分をミックスしたシミ・しわの治療クリームです。1日1回黒ずんで気になるお肌に塗ることで、皮膚の大敵メラニンの産生を抑制し、白く綺麗なお肌に生まれ変わらせます。 デメランクリームはアルブチン、コウジ酸、グリコール酸の3つの美白成分を配合したシミやしわ改善クリームです。 1日1回、お顔のくすんだり黒ずみが気になる部分に塗ることでお肌の黒ずみの原因メラニンの産生を抑制し、綺麗な白い肌にします。 主にお顔のシミやしわ、お肌の黒ずみ、毛穴のつまりによるニキビの改善に用います。 1つ1つの美白効果はそれほど強力ではありませんが、3つを組み合わせてお薬とすることで相乗効果により強力な美白効果を得るに至っています。 それでいながら3つの美白成分を少量ずつ組み合わせることで、それぞれの成分の副作用も起こしにくく、安全に使用できるのもデメランクリームのメリットです。 一般的に美白クリームといわれるとハイドロキノンクリームなどが有名ですが、有効成分のハイドロキノンにはお肌の赤みや痒み、皮膚がポロポロ落ちる落屑などの副作用を非常に起こしやすいのですが、デメランクリームはこれらの副作用を起こすことなくお肌の美白をすることができます。 以前にハイドロキノン配合の美白クリームを使用して副作用が起こってしまった方や、お肌がデリケートな人でも安心して使用できます。

デメランクリーム(アルブチン)の有効成分

デメランクリームには3つの美白成分を配合しています。

3つの成分はアルブチン、コウジ酸、グリコール酸です。

アルブチンは化学的な装飾をしたハイドロキノンと同様の化学構造をしています。美白成分としても有名なハイドロキノンにグルコシル化したものがハイドロキノンとなっています。美白作用もハイドロキノンと似ており、皮膚の黒ずみの原因物質メラニン合成にかかわる酵素チロシナーゼに直接作用し、メラニンの産生を抑制することで美白効果をあらわします。

コウジ酸は1907年に文字通り麴(こうじ)から発見された化合物です。日本でも医薬部外品として美白剤の承認を得ており、多くの化粧品などに含まれています。コウジ酸もアルブチンと同様チロシナーゼの働きを抑制することでメラニンの産生を抑制することができ、それによって美白効果を発揮します。

グリコール酸はヒドロキシ酢酸ともいわれる物質で、有機化学の材料、溶媒、塗料、染料、香料、防腐剤など様々な用途で使用されている成分です。スキンケア用品としてもグリコール酸は用いられており、10%付近の濃度ではしわやニキビ、色素沈着の改善、20~80%の濃度では皮膚科でケミカルピーリング剤としても使用されています。そのため、デメランクリームもお肌のピーリング効果によりピリピリとした刺激感が出ることもあるので、予防のためにも化粧水などで保湿することが推奨されています。