タダライズ 通販エージェント

タダライズ10錠(シアリスジェネリック)20mg

タダライズ10錠(シアリスジェネリック)20mg

タダライズ10錠(シアリスジェネリック)20mgの詳細

タダライズ20mgは、ED治療薬シアリス錠のジェネリック医薬品です。 インドの製薬企業であるサンライズレメディーズ社(Sunrise Remedies Pvt.Ltd)によって製造・販売されています。 サンライズレメディーズ社は比較的新しい製薬会社で、世界保健機関(WHO)によって定められている医薬品等の製造品質管理基準(GMP)を遵守し製薬しているため、技術・品質の高さは随一の企業です。 タダライズ20mg以外にも多くの優れたジェネリック医薬品を製造しており、信頼性の高い企業となっています。 インドの製薬企業なのであまり聞きなじみはないかもしれませんが、インドの医薬品特許制度は特徴的で、安価でありながら高品質なジェネリック医薬品を製造することができるため現在世界中から注目を集めています。 タダライズ20mgもそんな高品質なジェネリック医薬品の1つで、先発品シアリス錠に勝るとも劣らない優れた医薬品となっています。

タダライズ20mgの有効成分

有効成分であるタダラフィルは、ホスホジエステラーゼタイプ(PDE)5阻害薬といわれるお薬です。

性的刺激を受けることによって脳は、サイクリックGMP(cGMP)を増加させるように命令を出します。

それによって分泌されたcGMPが陰茎に血液を集中させ勃起という現象を起こします。

PDE5はこのcGMPを分解し、いわゆる萎えるという状態を引き起こします。

PDE5阻害薬であるタダラフィルは、このPDEの働きを阻害することでcGMPの量を高い状態に維持し、強く固く勃起させることができます。

用法と容量

  • 通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に服用します。
  • 副作用がなく、十分な効果が得られなければ20mgに増量して服用することができます。
  • いずれの場合も1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上としてください。

タダライズ5mg(シアリスジェネリック)

タダライズ5mg

タダライズ5mg(シアリスジェネリック)の詳細

タダライズ5mgは男性の尿の出をスムーズにするお薬です。 日本ではザルティア錠5mgという商品名で承認・販売されているお薬のジェネリック医薬品として製造・販売されています。 有効成分として1錠中にタダラフィルを5mg配合しています。 タダラフィルは勃起不全(ED)治療薬として有名なシアリス錠とも同じ成分であり、服用することで前立腺肥大症の方の排尿障害を改善することができます。 タダライズ5mgは前立腺肥大症の排尿障害治療剤(ホスホジエステラーゼ5阻害剤)と呼ばれるグループに属する薬です。 服用することで血管・尿道・前立腺・膀胱頸部の緊張をやわらげたり、膀胱からの過敏な神経活動を抑制することで前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善します。

タダライズ5mg(ザルティアジェネリック)の有効成分

有効成分はタダラフィルです。

タダラフィルは比較的新しいタイプの排尿障害治療薬であり、現在のところ正確な排尿障害治療メカニズムはわかっていません。

最も有力な説として、前立腺や尿道の血管に作用して血行を改善し、弱った機能を正常化させることで排尿障害を治療するのではないかと考えられています。

血行をよくして弱った臓器の機能を修復する効果により、アンチエイジング的な効果も報告されており、それを目的としてもタダラフィルは服用されています。

用法と用量

  • 通常、成人は1回1錠(主成分として5mg)を1日1回服用します。
  • 中等度の腎障害のある患者では、有効成分タダラフィルの血漿中濃度が上昇するおそれがあること及び使用経験が限られていることから、状態を観察しながら1日1回2.5mgから服用を開始するなども考慮されます。
  • チトクロームP450 3A4(CYP3A4)を強く阻害する薬剤を投与中の患者では、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、1日1回2.5mgから服用を開始し、状態を観察しながら適宜5mgへ増量することとされています。
  • 必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。