デパス 通販トレーダー

デパス系のお薬

デパス系のお薬の詳細


バスパージェネリック(ブスピロン)10mg

バスピン10mgは、抗不安薬バスパーのジェネリック医薬品です。 有効成分としてブスピロンを1錠に10mg含有し、服用することで不安障害を解消することができます。 不安障害とは、理由のない不安のために日常生活に支障をきたしている不安障害の1つといわれています。
症状としては、そわそわして落ち着かない、緊張する、刺激に過敏になる、疲れやすい、倦怠感、動悸・息切れ、めまい・ふらつき感、集中力の低下、寝つきが悪いなどがあります。ストレス社会の日本では、これらの不安症状は現代病の1つです。

以前までは不安症の治療として、多くの方が有効成分エチゾラムを配合している抗不安薬デパス錠やエチラームを個人輸入を利用して購入・服用していました。 しかし、デパス錠やエチラームの服用は依存症を作ってしまうおそれがあるとされ個人輸入が禁止されてしまい、不安症状を抱える多くの方が途方にくれてしまいました。そこで新たに、デパス錠などの代替品として抗不安成分のブスピロンを含有するバスパーが注目されました。

バスピン10mgは、そのバスパーのジェネリック医薬品として販売され安価に購入することが可能になっています。有効成分ブスピロンは、服用することで抗不安作用を示すにもかかわらず、デパス錠などのように依存症にならないということで現在では多くの方がデパス錠から切り替えて服用しています。不安に対する治療効果のあらわれ方もデパス錠とは違うため、依存症の不安もなく安心です。 不安症状は、脳内のセロトニンが不足していると起こるといわれています。

ブスピロンは、脳内のセロトニンを上昇させることで抗不安作用をあらわします。 注意点として、ブスピロンは依存症を起こさず安全性が高いため、服用してもすぐに紅不安作用をあらわさないということです。 効果が出てくるまで約2~4週間程度かかるので、症状を観察しながらバスピン10mg服用するようにしてください。また、ブスピロンは脳内のセロトニン濃度を上昇させることで女性の性欲が上昇する効果もあるといわれています。

健康な女性の方がブスピロンを服用することで、通常の状態よりも脳内のセロトニン濃度が上昇するので活力がでたり、性欲が上昇するのではないかと考えられています。夜の性生活がマンネリな女性にもおススメのお薬です。

バスパージェネリック(バスピン)5mg

バスパージェネリックは有効成分としてブスピロン5mgを含有している抗不安薬です。
インドの大手製薬インタス・ファーマ社が製造販売しております。
海外で有名な抗不安薬「バスパー」のジェネリック医薬品になります。

バスパージェネリックは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、薬学的には「セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬」に分類されております。
日本でもよく使用されている抗不安薬「セディール(有効成分タンドスピロン)と同系統であり、作用機序や効果が同じです。

有効成分ブスピロンは日本では認可されていない薬剤であるため残念ながら流通しておりませんが、海外では多くの国で広く使用されております。
また、近年では有名なベンゾジアゼピン系抗不安薬「デパス(有効成分エチゾラム)」の代替医薬品としても認知されております。

バスパージェネリックは不安障害、うつ病・うつ状態、睡眠障害などといった様々な心の不調に対して改善効果を発揮します。
主な作用は抗不安作用で、抗うつ作用も持ち合わせております。

デパスなどのベンゾジアゼピン系抗不安薬で問題になることがある依存性や耐性が少ないことが特徴です。穏やかに作用するので安全性が高いです。
ただし、ベンゾジアゼピン系不安薬のような即効性はあまり期待できません。十分な効果の発現には1〜2週間ほどかかる傾向にあります。