グルコバイ(アカルボース)50mg

グルコバイ50mg

グルコバイ(アカルボース)25mg

グルコバイ(アカルボース)25mg

お薬コラム

グルコバイ錠50mgは、食後の血糖上昇を抑えるお薬です。服用することで食事に含まれる糖分の吸収を緩やかにし、急激な血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の治療に用いられています。
グルコバイ錠50mgとは
GLUCOBAY 50 MG(グルコバイ錠50mg)は、食後の血糖上昇を抑えるお薬です。
主に糖尿病の治療のために用いられています。

グルコバイ錠50mgは、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
その作用機序から「αグルコシダーゼ阻害薬」と呼ばれたり、その臨床効果から「食後過血糖改善薬」と呼ばれたりしています。
一般的な糖尿病治療薬のように、血糖値を下げるホルモン「インスリン」を介する直接的な血糖低下作用は持ち合わせていません。
単独では効果が弱いとされ、SU薬などの他の糖尿病治療薬と併用することも多いです。

通常、血液中の糖分「血糖」は、膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されています。
糖尿病は、そのインスリンの量が不足したり働きが悪くなったりすることで血糖値が上がってしまう病気です。
そのまま放置すると、手足のしびれ(神経障害)、目の病気(網膜症)、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こします。

グルコバイ錠50mgは、食後の急激な血糖上昇を抑えることができます。その作用は、腸からの炭水化物(糖分)の消化吸収をゆっくりと遅らせることによります。インスリン分泌の節約になるので、膵臓の負担を休めることもできます。
日々の血糖値を適切に保つことで、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防にもつながります。

グルコバイ錠50mgの効果・効能
糖尿病の食後過血糖の改善(ただし、食事療法・運動療法によっても十分な血糖コントロールが得られない場合、又は食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な血糖コントロールが得られない場合に限る)
<効能又は効果に関連する注意>

グルコバイ錠50mgの投与は、糖尿病治療の基本である食事療法・運動療法のみを行っている患者では投与の際、食後血糖2時間値が200 mg/dL以上を示す場合に限る。
食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬又はインスリン製剤を使用している患者では、投与の際の空腹時血糖値は140 mg/dL以上を目安とする。
グルコバイ錠50mgの有効成分
グルコバイ錠50mgの有効成分はアカルボースです。
1錠中にアカルボースとして50mgを配合しています。

アカルボースは、1973年にドイツ・バイエル社が放線菌の一種であるActinoplanes属のアミノ糖生産菌の培養液中から分離・精製した、αアミラーゼ及びαグルコシダーゼの阻害剤です。
小腸粘膜に存在するαグルコシダーゼという酵素は、食べ物に含まれている砂糖や炭水化物を、高血糖の原因であるブドウ糖に分解する働きをしています。アカルボースは、そのαグルコシダーゼの働きを阻害することで、ブドウ糖への分解を遅らせます。その結果として、ブドウ糖の体内への吸収がゆっくりになり、食後過の血糖値上昇が抑えられます。

グルコバイ25mgは、食事に含まれている糖分(炭水化物)の急な吸収を抑制し、食事することによる急激な血糖値の上昇を抑えることができるお薬です。糖尿病の治療薬としては他にはない作用メカニズムのため、単体での糖尿病治療だけでなく、他の糖尿病治療薬と併用しても優れた効果を発揮します。
グルコバイ25mgとは
グルコバイ25mgは、食事に含まれている糖分(炭水化物)の急な吸収を抑制し、食事することによる急激な血糖値の上昇を抑えることができるお薬です。

糖尿病の治療薬として使用されています。

グルコバイ25mgは、食後血糖改善薬ともいわれ1990年にドイツでバイエル社によって発売されました。

服用することで食後の急激な血糖上昇をおさえることができます。

その作用メカニズムは、腸からの糖分の消化吸収をゆっくりと遅らせることで効果を発揮します。

食後に分泌される血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌の節約になるので、膵臓に負担をかけることもなく日々の血糖値を良好にコントロールすることができるので、将来起こるかもしれない糖尿病による様々な合併症の予防効果も期待できます。

グルコバイ25mgの効果・効能
糖尿病の食後過血糖の改善
グルコバイ25mgの有効成分
グルコバイ25mgの有効成分はアカルボースです。

アカルボースは、小腸粘膜に存在するαグルコシダーゼという酵素に働きかけることで効果をあらわします。
αグルコシダーゼは、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する働きをしています。

アカルボースは、そのαグルコシダーゼの働きを阻害することで、ブドウ糖への分解を遅らせます。
その結果として、ブドウ糖の体内への吸収がゆっくりになり、食後過血糖が抑えられます。

アカルボースを服用するにあたって、注意することがあります。

1点目は、低血糖症状を起こした時です
アカルボース単体では低血糖を起こすことは稀ですが、他の糖尿病治療薬と併用することで低血糖症状を起こすことがあります。

急に異常な空腹感や、冷や汗、動悸、手足のふるえ、目のちらつき、ぼんやり、ふらつき等があらわれたら低血糖の症状かもしれません。
そのような場合は速やかに糖分を摂取する必要がありますが、アカルボースを服用して低血糖を起こした場合は、必ずブドウ糖を摂取するようにしてください。

アカルボースは砂糖などの二糖類の吸収を遅らせる働きがあるため、他の糖尿病の薬で起こった低血糖には効果のある砂糖やあめ玉などの摂取では不十分です。
市販されているブドウ糖などを購入し、常に携帯するようにしてください。

低血糖症状を起こしたら、すぐにその場で5~10gのブドウ糖をとることが推奨されています。

2点目は、お腹が張ったりおならの回数が増えることがあるということです。
食事中の糖分の吸収を抑制するため、その糖分によって服用をはじめた時にはお腹が張ったり、おならの回数が増えることがあります。

1~2ヵ月アカルボースの服用を続ければ、このような不快な症状は減少してくることが多いので、最初のうちは様子を見ながら服用するようにしてください。