ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)

トール10mg(ルプラックジェネリック)

トール10mg(ルプラックジェネリック)

通販ショッパーお薬コラム

有名なフロセミド(ラシックス)のかわりとなる利尿薬です。余分な水分を尿と共に排出し、むくみを改善します。コロナ太りやテレワークでむくみが気になる方にもお勧めです。
ダイトール10mgとは
ダイトール10mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。

フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

ダイトール10mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ダイトール10mgもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

個人輸入禁止となったフロセミド(ラシックス)と比較して、利尿作用が約10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用で約10倍強力であるとされており、多くの方にフロセミドの代替薬として使用されています。

ラシックスに含まれている有効成分フロセミドは10mgあたりダイトール10mgの有効成分トラセミド1mgとほぼ同等なので、切り替えの際に参考にしてください。
ダイトール10mgの効果・効能
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
ダイトール10mgの有効成分
ダイトール10mgの有効成分はトラセミドです。

1錠中にトラセミドとして10mの高用量を含有しており、日本で承認・販売されている先発品ルプラック錠よりも強力な効果が期待できます。

トラセミドには腎臓の尿細管において水や電解質を体外に排泄させ、尿量を増やす作用があります。

それによって余分な水分がなくなり、むくみを改善することができます。

通常、心性浮腫や腎性浮腫、肝性浮腫の治療に用いられます。

体内の余分な水分を排出し、顔や足の浮腫を改善します。ラシックスよりも効果が強力の利尿薬です。新型コロナウイルス感染症による自粛生活でむくみがちな方にお勧めです。
トール10mgとは
トール10mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。

強力な利尿剤であるルプラック錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

トール10mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

トール10mgもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力な効果を得ることができます。

フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

個人輸入禁止となったフロセミド(ラシックス)と比較して、利尿作用が約10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用で約10倍強力であるとされており、多くの方にフロセミドの代替薬として使用されています。

ラシックスに含まれている有効成分フロセミドは10mgあたりトール10mgの有効成分トラセミド1mgとほぼ同等なので、切り替えの際に参考にしてください。
トール10mgの効果・効能
日本では有効成分トラセミドは4~8mgまでの効能・効果しか承認されておらず、10mgを服用することはありません。
しかし、海外で承認されている効能・効果は以下の通りとなります。

うっ血性心不全、腎疾患又は肝疾患に伴う浮腫
高血圧症:単独投与又は他の降圧薬との併用投与による。
トール10mgの有効成分
トール10mgの有効成分はトラセミドです。

1錠中にトラセミドとして10mの高用量を含有しており、日本で承認・販売されている先発品ルプラック錠よりも強力な効果が期待できます。

トラセミドには腎臓の尿細管において水や電解質を体外に排泄させ、尿量を増やす作用があります。

それによって余分な水分がなくなり、むくみを改善することができます。

通常、心性浮腫や腎性浮腫、肝性浮腫の治療に用いられます。