トール20mg(ルプラックジェネリック)

トール20mg(ルプラックジェネリック)

むくみ治療(利尿剤)

お薬コラム

体内の余分な水分を排出してむくみを改善する利尿薬です。新型コロナウイルスによる自粛やテレワークで足のむくみが悪化した方にもお勧めです。
トラセミドトール20mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。

強力な利尿剤であるルプラック錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

服用することで体の余分な水分を排出することができ、いろいろな病気による浮腫の治療に用いることができます。

心臓や腎臓、あるいは肝臓の働きが悪くなると、体に水分がたまり浮腫(むくみ)を生じてしまいます。

心不全では、肺に水がたまり呼吸が苦しくなることもあります。

トール20mgは、腎臓に作用して尿量を増やし、体にたまった余分な水分をとり除きます。

その結果として体のむくみがとれ、心臓の負担も軽くなります。

また、血液の無駄な水分が減ることと、血管壁のナトリウムが減ることにより血圧を下げることもできます。

個人輸入禁止となったフロセミド(ラシックス)と比較して、利尿作用が約10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用で約10倍強力であるとされており、多くの方にフロセミドの代替薬として使用されています。

ラシックスに含まれている有効成分フロセミドは10mgあたりトール20mgの有効成分トラセミド1mgとほぼ同等なので、切り替えの際に参考にしてください。
トール20mgの効果・効能
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
また、海外では、高血圧症治療薬としても使用されています。

トール20mgの有効成分
トール20mgの有効成分はトラセミドです。

1錠中に日本で承認・販売されている先発品ルプラック錠よりも多い20mgを含有しています。

トラセミド製剤は、1987年にベルギーで初めて承認されて以来、浮腫、高血圧、腎不全の治療薬として、世界27カ国で承認されています。

トラセミドはループ利尿薬といわれるお薬です。

ループという名前の由来は、尿細管がループ状に曲がっている部分(ヘンレ係蹄上行脚髄質部)に作用することによります。

この系統は、もっとも作用の強い利尿薬となっています。

同類薬のなかでは、カリウムの排泄が少なく、低カリウム血症の副作用がでにくいのが特徴です。

トラセミド服用ガイド【電子版】
商品詳細
本商品は、トラセミドを正しく安全にご利用いただくために薬剤師が使用方法を解説した電子文書(カラー版)です。
デジタル・コンテンツとして、決済完了後にダウンロードをしてご覧ください。

※決済完了後に「マイページ」>「電子ブック」よりダウンロードいただけます。
※モノクロ版の電子版文書はこちらよりご覧いただけます。

対象商品:
トール10mg(ルプラックジェネリック)
トール20mg(ルプラックジェネリック)
ダイトール10mg(ルプラックジェネリック)

郵便局留め対応・中身のわからない梱包
ベストケンコーはお客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また当店の通販サービスは、ご自宅でのお受け取りを避けたい方が郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

トラセミド服用ガイド【電子版】の個人輸入・通信販売について
トラセミド服用ガイド【電子版】の個人輸入は厚生労働省により法律で認められています。ただし、個人輸入でのお薬などの購入は輸入者自身の個人的な使用に供する場合のみ許可されています。輸入した医薬品等を他者へ販売したり譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていませんのでご注意ください。なお、当店の個人輸入代行サービスの利用においてお客様による通関手続き、その他一切の輸入手続きは不要です。ベストケンコーはすべてのお客様へ国内の通販サイトの利用と変わらない、手軽で快適なトラセミド服用ガイド【電子版】の通販(通信販売)体験をご提供いたします。医薬品医薬品の個人輸入についてより詳しくは、「ベストケンコーとは」の「個人輸入について」をご覧ください。

また、当店の輸入代行サービスご利用の前に、必ずご利用規約をご確認ください。当サイトに記載している医薬品の用法用量、効果、副作用、禁忌などの情報は、基本的にすべて薬剤師が執筆しておりますが、一部販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものを掲載している場合もございます。ベストケンコーでは購入された医薬品によって生じる一切の事象において責任を負いかねますので、ご使用に際しては必ず医師など専門家にご相談くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。