ヘルペス 治療薬 通販ノワール

バルトレックス500mg

バルトレックス500mg

ヘルペスの詳細

バルトレックス500mg
口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制に効果がある抗ウイルス薬です。ウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮します。ゾビラックスよりも吸収が良いという特徴があります。
バルトレックス500mgは抗ウイルス薬なので、一般的な細菌に対する抗菌活性はありませんが、ウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮します。 従来は、ヘルペスや帯状疱疹の治療にはアシクロビルを成分に持つ「ゾビラックス」という薬剤が汎用されてきました。ゾビラックスは、感染細胞にのみ薬剤が取り込まれるので、正常な細胞に対する毒性は極めて低いという特徴がありますが、体内への吸収が悪く、1日5回服用しなくてはならないという欠点がありました。 これに対して、バルトレックスは、ゾビラックスよりも吸収が良いという特徴があります。バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、服用後の体内で速やかにアシクロビルに変換されます。 アシクロビルは、単純ヘルペスウイルスや水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルスに感染した細胞内に入り込み、ウイルス性チミジンキナーゼにより一リン酸化され、さらに細胞性キナーゼによってリン酸化されて、アシクロビル三リン酸となります。 アシクロビル三リン酸は、正常基質であるdGTPと競合してウイルスDNAポリメラーゼによりウイルスDNAの3‘末端に取り込まれ、ウイルスDNA鎖の伸長を停止させてウイルスDNAの複製を阻害します。 これらの反応は、感染細胞のみが持つウイルス性チミジンキナーゼによるものであるため、ウイルスに感染していない細胞に対する障害性は低いと考えられています。 バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルを含有する薬剤は、世界約70ヶ国で、ヘルペス関連ウイルス疾患の治療薬として承認されています。