ゼニカル・ジェネリック(オルリガル)120mg

ゼニカル・ジェネリック(オルリガル)120mg

ダイエット

お薬コラム

食事から摂取した脂肪の約30%をなかったことにするダイエット薬です。世界中の肥満症治療に多く用いられています。特に新型コロナウイルスの自粛生活で太ってしまった方が多い現在、注目されている薬です。
オルリガルとは
オルリガルは、肥満症治療薬です。
服用することにより、食事から摂取した脂肪の約30%をカットすることができ、過剰なカロリーの摂取を防ぐことができます。

オルリガルは、インドの製薬企業であるHAB Pharmaceuticals & Research(ハブ・ファーマシューティカルズ&リサーチ)によって製造・販売されています。
ハブ・ファーマシューティカルズ&リサーチ社はインド国内でも大手医薬品メーカーの一つといわれており、30年以上の実績による高い技術力を持っています。
17ヵ国以上の国で医薬品を製造しており、医薬品の国際市場に置いてなくてはならない企業となっています。

また、当ストアでご提供するゼニカル・ジェネリック(オルリガル)120mgは、Hong Kong Standards and Testing Centre(STC)の成分鑑定を受けておりますので、ご安心してご購入ください。

オルリガルもそんなハブ・ファーマシューティカルズ&リサーチ社によって製造されているので、先発品のゼニカルと同等の強力なダイエット効果を得ることができます。
毎日オルリガルを服用してもダイエット効果がありますが、突然の飲み会や食事会などで脂肪分の多い食事を摂るときだけ服用することで脂肪分を気にしないで食事ができるというメリットもあります。
オルリガルは腸内のリパーゼに作用して脂肪の吸収を抑えるので、体内に吸収されないため安全性が高い肥満症治療薬となっています。

注意点として、オルリガルの服用は脂肪のみならず必要な栄養素の吸収も阻害してしまう可能性があります。
ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミンといわれ脂肪などに溶けて体内に吸収されます。
脂溶性ビタミンが不足してしまわないようにマルチビタミンサプリなどで追加で補充することが推奨されています。
目安として、寝る前やオルリスタットの服用の前後2時間程度にサプリメントを服用すると効果的です。

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療のために薬を服用していた方が、オルリガルを服用することで体重が減少し健康になることで、生活習慣病などの薬が効きすぎてしまうことがあるので注意が必要です。
オルリガルの効果・効能
18歳以上の太りすぎの方のダイエット(減量)サポート

オルリガルはBMI(kg/m²)が30以上の肥満症か、あるいはBMIが27以上であり他に高血圧、糖尿病、脂質異常症などの危険因子のある方が服用することができます。
BMIの求め方は、体重(kg)÷身長(m)☓身長(m)=BMIで算出できます。
身長はセンチメートル(cm)ではなくメートル(m)で計算する必要があるので、身長175cmならば、1.75mで計算するようにしてください。
オルリガルの有効成分
有効成分オルリスタットは、服用することにより腸内に存在する脂肪の吸収に関係する酵素リパーゼの働きを抑制し、体内に脂肪が吸収されるのを抑制します。
アメリカで実施された試験では、1年間の服用により5%の体重減少がみられた成人が60%、10%の体重減少がみられた成人が27%だと報告されています。

用法と容量
オルリガルは、1日3回朝・昼・夕食の食前・食中・食後1時間以内に水と一緒にオルリスタットとして1回120mg(1カプセル)服用してください。
1日3回、朝・昼・夕食の1日3カプセルを超えて服用しないようにしてください。
最大限の効果を得るために

オルリガルの服用と同時に、運動療法の改善や食事の内容も栄養バランスの取れたカロリーの低いもの(例として、2,000kcal/日)に切り替えていく方が効果的です。
食事をとらなかった場合や、脂肪分のない食事をとる場合は、オルリガルを服用する必要はありません。
オルリガルのカプセルは腸内で作用するように設計されているため、カプセルを破ったりして中身だけを服用すると効果がなくなってしまうことがあるので、カプセルを開封したりせずそのまま服用するようにしてください。

体内の余分な水分を排出してむくみを改善する利尿薬です。新型コロナウイルスによる自粛やテレワークで足のむくみが悪化した方にもお勧めです。
トール20mgとは
トール20mgは、個人輸入が禁止になってしまったフロセミド(ラシックス)のかわりとなるお薬です。

強力な利尿剤であるルプラック錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

フロセミド(ラシックス)よりも効果が強力であり、服用することで余分な水分を体から排出し、むくみを解消してくれます。

服用することで体の余分な水分を排出することができ、いろいろな病気による浮腫の治療に用いることができます。

心臓や腎臓、あるいは肝臓の働きが悪くなると、体に水分がたまり浮腫(むくみ)を生じてしまいます。

心不全では、肺に水がたまり呼吸が苦しくなることもあります。

トール20mgは、腎臓に作用して尿量を増やし、体にたまった余分な水分をとり除きます。

その結果として体のむくみがとれ、心臓の負担も軽くなります。

また、血液の無駄な水分が減ることと、血管壁のナトリウムが減ることにより血圧を下げることもできます。

個人輸入禁止となったフロセミド(ラシックス)と比較して、利尿作用が約10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用で約10倍強力であるとされており、多くの方にフロセミドの代替薬として使用されています。

ラシックスに含まれている有効成分フロセミドは10mgあたりトール20mgの有効成分トラセミド1mgとほぼ同等なので、切り替えの際に参考にしてください。
トール20mgの効果・効能
心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫
また、海外では、高血圧症治療薬としても使用されています。

トール20mgの有効成分
トール20mgの有効成分はトラセミドです。

1錠中に日本で承認・販売されている先発品ルプラック錠よりも多い20mgを含有しています。

トラセミド製剤は、1987年にベルギーで初めて承認されて以来、浮腫、高血圧、腎不全の治療薬として、世界27カ国で承認されています。

トラセミドはループ利尿薬といわれるお薬です。

ループという名前の由来は、尿細管がループ状に曲がっている部分(ヘンレ係蹄上行脚髄質部)に作用することによります。

この系統は、もっとも作用の強い利尿薬となっています。

同類薬のなかでは、カリウムの排泄が少なく、低カリウム血症の副作用がでにくいのが特徴です。

用法と用量
通常、成人は1回主成分として4〜8mgを1日1回服用しますが、年齢・症状によって適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
飲み忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合には、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
また、海外では10~20mgのトラセミドを服用する用法も承認されています。